トップ / 学校とエアコンの設置状況

学校とエアコンの設置状況

学校とエアコンの設置

学校でのエアコンの設置状況

学校の教室にエアコンが無い場合、夏の暑い時期に集中力が落ちたり体力を消耗してしまったりと学習にも影響することがあり、全国の公立校でも設置が検討され始めています。私立校では設置率が高いのですが、公立の小中学校では30%程度の設置率となっています。体力的に丈夫な子供を育てたいという意図や市町村の財政難によって設置費用が用意できないなどの問題があるためです。しかし今後も暑い地域を中心にエアコンの設置が検討されていくでしょう。取り付けたところでは以前より授業に集中ができるようになった、熱中症の発症率が減ったなどのメリットも報告されています。

学校,生活

エアコンのある教室のメリット

地球温暖化の傾向があり、日本でも猛暑が続くことも多く、昔に比べると体感温度も上がる一方になっています。それに伴って最近では公立の学校でもエアコンの設置がされているところが増えてきました。教室に空調設備が整っていると夏場、生徒の授業に対する集中力が増し、体調を崩す生徒が減るというメリットがあります。冬の寒い時期もエアコンが活躍しますので、本来の学業に専念できる環境なので積極的に導入を考えている学校が増えているようです。市町村の承認が必要なため導入が認可されていないところもありますが、徐々に設置校はふえていくことでしょう。

↑PAGE TOP